お米

この前、F市に行ったときに撮った画像です。

F市の道の駅の2Fです。
食堂になっていて
ずばり「米」です。

IMG_3367 - コピー

テーブルの前には
でで~~~んと
お鍋が飾ってあります。

IMG_3366 - コピー

そして、みんなは釜飯を注文しておりました。
どう見ても二人分くらいはあるんですけれども
皆様、わしわしと食べちゃっていたのでありました。

なんてったって
名物は米だもの。
スポンサーサイト

イライラする

イライラしたら
ご飯が作れなくなっちゃって
出来合いのものしか
用意できなくなっちゃった~~~~~!!!

何だか分かんないけれども
脳みそが沸騰しちゃってるのよ
どうしましょう。

覚醒



昔、日本人はとてもお人好しでした。
中国大陸に進出していたときに
幣原喜重郎が無抵抗平和主義を掲げて
南京事件(1927年)の時に対応を誤った結果
シナ人になめられまくって虐殺事件が大量発生しました。

南京事件では大使館が襲われて大勢の人が殺されたのですが
兵士には無抵抗を貫けと指示が出されて
のちに兵士は己を恥じて自殺します。

その後、いろんな虐殺があったようですが
通州事件にいたり、
日本は政府も含めてやっとシナに対して
武装をしというという空気が生まれたのです。

これが日本の覚醒であったのですが
現在も日本ではいくら中国にひどい目にあっても
目の前のビジネスチャンスやら日中友好やら
どうにもならない状態になっています。

いくら尖閣列島に中国船が押しかけても
日本はヘラヘラと笑っているでしょう。

だから、そのうちに身動きがとれなくなって
どうにもならなくなった時に日本人は気が付きます。
「武器が必要である」ということに。

でも、今度は遅いかもしれません。




風のゆくえ

今日は天気が悪かったので
ちょっとドライブに出かけましたが
F市やT市のA地区にあったビニールハウスが
ところどころ、ぐにゃりと曲がっておりました。

全てのはハウスが潰れているわけではなく
まったく無関係にあちらこちらに潰れたものが
あるわけです。

ハウスは風によってねじ曲がり潰れたのですが
潰れたハウスの隣に無傷なものがきちんと建っているのです。

ビニールを飛ばされたものもありましたが
それよりもいきなり潰されたものがあったり
どういう基準で潰れたのか
さっぱり分かりかねます。

災いがどこに目掛けて飛んでくるのか分からない。
そういった類に見えます。
みんな同じビニールハウスに見えるんですけれども、
ともかく、潰れているものは潰れています。

その風は昨日は他の町に吹いたのかもしれなくて
今日はここで吹いて明日はあちらに吹く。
そういうたぐいのものなのでして
明日は我が身であるのかもしれません。

天気がいい

暑くて死にそうだ。
暑くて死にそうだ。
暑くて死にそうだ。

ああ、疲弊する。

これで、明日、雪だなんて嘘だろう?
プロフィール

HN・思案中

Author:HN・思案中
楽仙堂のネトウヨ的ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR