FC2ブログ

ネタはあるんだけれども

今日はブログネタが無いのよ。
死神の話を書こうと思ったのよ。
そんで、あんまり乗り気じゃないから止めた。

止めたって・・・書いてるじゃん。

自殺する人には声が聞こえるんだよ。
「ほら、ここにロープつるしたら、楽になれるよ」
なんて声がするんだよ。

でも、なんだか暗くなっちゃうから止めようかなって思ってね。

それはずいぶん昔の話だったよ。
なにしろ、子供も生まれていないくらい昔だよ。
病院行って,血液採取して頭に血が回らなくなったとき
落ち込んで、過去一回だけ声を聞いたんだよ。

まぁ、そんだけの話なんだけれどもね。
やっぱり、暗い話じゃないか。

そうして、明日である。
ネタが無かったらどうしよう。そういうことを考えているんだよ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まっこと、シリアスなところを実にサバサバ言ってくれてますね・・・・ブログ主様。

人それぞれ辛く、苦しい時ってもんはありますよ。
暗中模索、右往左往、七転八倒・・・・・・・
これは、悪魔の成せる業・・・・・悪魔の囁きってもんで至る人間の性(さが)ですが、
・・・・・不思議なんですよね・・・・・・。
・・・・・これ乗り越えちゃうと人間が強くなっていくと・・・・・・・・・・。
・・・・・・これ神の成せる業なんです。

ひょっとして、神様はその人の前に初めて
現れるときには悪魔の姿をしてるだけなのかも
しれません・・・・・・・多分(笑)

大悪魔ルシファーは、もともとは天使。
別名『堕天使ルシファー』と言われてます。
一説には、
神が人に使わす為の使者だとも・・・・・・・・



変だなぁ~・・・・・。
アタシは無宗教者なんですけどねぇ~。
比較的、現実的に生きてるはずなんですが、
・・・・・何か、後ろに降臨したんですかね(笑)

そうです・・・・明日があるから人間輝ける目を
失わないで生きていけるんです。
明日を信じて、『ネタ』考えてください。
・・・・・・つうか、
若手芸人かなんかにエール送ってるみたいに
なりました(笑)

>自殺する人には声が聞こえるんだよ。
>「ほら、ここにロープつるしたら、楽になれるよ」
>なんて声がするんだよ。

暗い話で恐縮ですが、昨日5日ぶりで発見された世をはかなんだ方は、本当に『声』が聞こえたのではないかと思っています。
二十年弱体が利かなくなったご主人に苛められながら暮らしたので、自殺をほのめかす言葉もあったそうです。
そして九月中に、ご近所で不幸が3件続いたので、本当に楽になれる方法を改めて知ってしまわれたのではないかと、主人などは申しております。

・・・悲しいが上に更に悲しい話ですが、自宅を飛び出したとき、片方は靴・もう片方はサンダルだったそうです。
取り乱したなどという生易しい状態ではなく、錯乱状態だったのでしょう。
今回女性は足手まといになりかねないので、何もしませんでしたが、何ともやるせない気持ちでいます。

”われ思うゆえに我あり”の言葉から人間の哲学は進歩していないし進歩しようもないかもしれませんね。
誰もほんとうに価値ある生き方を示してくれない。
仮にそういった人の言葉があっても信じられなければ意味もない。

自殺はいけないと言うけれどその根拠もあやふや。
もし自殺は罪深いという伝承がなければどうでもいいことかもしれません。特に日本人にはその意識が希薄みたいですし。

だから結局人の生き方はその人がどのような人生観を取捨選択するかによるのですよね。
でも、せっかく生きてるんだから自殺を選ぶよりもいっそのこと世の中のしがらみを全て捨てて生きなおしてはどうなんでしょう。全てから解き放たれて。

たとえ泥にまみれてはいつくばるような人生でも必死に最後まで生き抜くことは意味あると思うんですよね。

諸葛孔明の出師の表の一節はこういったことが話題になるたびに意識に登ります。

『鞠躬尽力(きくきゅう・じんりょく)、死して後已(や)まん』
―鞠躬尽力、死而後已―
たとえやり遂げられず途中でも前向きに倒れて死ぬと言う意味でしょうか。

人生はただ一度きりかもしれないし来世というものがあるのかもしれないとしても。
なにが真実かは誰もわかりようがない。

そのような世界があったとしても左巻きにかぶれれば実体を明確に感じられない人間には信じる根拠としては希薄ですね。

でも人間はこの地球でただひとり生きているわけではありませんね。多くの人たちの知識を共有して生きている。そして人生観はそのような共通認識のなかから自分にあったものを選んでいく。
そういったものを大切にするしか私たちには生き方がのこりませんね。

そういったことを考えるとやはり自殺はすべきでない。人生には意味がある。もしこの宇宙を主催する存在があり、人間に特別の思い入れがあるなら必ず道は示される。
と、考えるほうが何事にも前向きになれますね。

もし日本人が正しくこの人類の歴史に貢献しているなら今の危難も必ずやよき道が示されると思っています。
最近の世情はなんとなく不穏ですがそれを信じていくしかありませんね。

猫ちゃん
大丈夫ですか?

こういうときに神様とかが要ると思うんです。
祈りは心を鎮めてくれるから・・・・・。


杜若さん

死にたい人はウツかもしれませんよ。暗い言葉に反応するんだそうです。声が聞こえるかどうかは判りませんが、声も聞こえずに自ら死んでしまうのは恐怖で逆に怖いかもしれません。

天国にいけるのなら死後の世界はあっても良いですが、ひどい世界が待っているのなら、嫌です。

ただ,死者が安らかであればそれで良いのですが、・・・・明日は昭ちゃんの命日でもあるんです。

楽ちゃん

心配させてごめんなさい。
うちの常会は20数軒なのに、あまりの短期間に計4件の不幸が重なり、一時はパニックに近かったです。
連絡は電話でなく、一軒一軒ご訪問するしきたりなので、常会長さんが走り回っていました。

亡くなった方は本当に気丈な明るい方で、とても長患いの病人さんを抱えているようには見えませんでした。
どうか苦しい思いから解き放たれて、安らかにお眠りくださいとお祈りしています。

猫ちゃん
 そういうことってありますよ。うちのところも15件くらいでしたが半年のあいだに葬式が6件でたことがあって、そのうち2件は自殺でした。
 こちらのしきたりは電話でOKです。町で知らせたいことは防災無線です。熊が出たときも無線が入ります。

 亡くなられた故人のご冥福をお祈りいたします。
プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
リンクフリー
勝手にコピペしていってOKです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR