獣医師が不足してんの分かっているの?



ずいぶん久しぶりに聴く国会討論です。

日本には獣医師が不足しています。
狂牛病に鳥インフルエンザ
何度も繰り返される口蹄疫に対し
獣医師が不足しています。

文部省は獣医学会と癒着して
新しく学部を作ることを妨げました。

多くの獣医はペット専門で
家畜は6%です。

獣医学部は水増し入学させており
教室に入れずに廊下で受講している学生もいるし
実習もままならないという有様です。

〈この現状で口先で抗議しているのが前川さんです。
何もしないで「現状対応をやっています」と
言っています〉

日本獣医師会に加戸守行前愛媛県知事が申請しても
「箱根から西には2割しか医師は要らない」とか
「給料が安い」とか「設備が無い」と言われて
民主党政権で多少なりとも動いた気がしていたが
自民党に戻るとストップがかかった。

欧米と比べて感染症対策は10年は遅れたというのに
国家戦略特区を動かしてもストップがかかった。

今治だから駄目だったのではないかと思っている。

青山議員によると2003年から
医師、獣医師 、歯科医、船医の学部の追加を
差し止めてしまい
「加計学園」だけが2007年から作りたいと手をあげたのです。

ここに文科省の説明責任があったのですが
やらなかったので2016年に京都産業大学が手をあげましたが
問題は国家戦略特区に作るという対応になったのです。

ワーキンググループが文科省の対応であると
言い出して特化戦略特区の上に文科省があると言ったのです。
なぜなら大学の許認可権を文科省が握っているからです。

壽医師会がその後動いて
「せめて一校だけにしてくれ」と工作したので
京都産業大学がその後に希望をつなごうと引っ込みました。

〈前川元事務次官は文部科学省は
「条件を満たしていない」と繰り返します〉

元愛知県知事は薬学部の増設と過剰問題が起りながら
獣医学部には何も許可が起らなかったということに
甚だしい疑問を感じると言ってます。

青山議員に話が戻りますが
ここで天下り問題をぶち込んできました。
そして、獣医師学会の会長の文章を紹介しています。
平成29年 新年のご挨拶
《このような暴挙というべき国家戦略特区による獣医学部の新設は,これまで関係者が実施してきた国際水準達成に向けた努力と教育改革にまったく逆行するもので,不適切であること,平成 26年 6月 27日開催の本会第 71回通常総会で決議したとおり獣医学分野の入学定員の抑制方針の緩和による獣医学部・学科の新設には反対することを,今後も主張してまいります.特に,今回,獣医学教育及び獣医師職域の現状及び将来の在り方について,十分な検証も行わず,本会等関係者が意見を述べる機会もないまま,一方的に獣医学部の新設が決定されたことはきわめて遺憾であります.養成人数の過剰問題を抱えている弁護士や歯科医師のようになることだけは避けなければなりません.会長として,今後もこれらの課題に全力で取り組んでまいりますので,皆様方のご支援ご協力をお願いいたします.》
〈たぶん、この文章ですね〉

天下り問題と獣医師会との癒着は関わりがあるのではないか。

〈前川事務次官は加計学園を新設してほしいと
すり寄ってきたOBこそが天下りであると言い逃れしています〉

最後に再び元知事が発言していますが
この人は地元のために本当に頑張ってこられたのだと分りました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
貧困調査で売春バーに行くような官僚を
信用できるわけがないと思いますよ、本当に。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 NHKの中継を録画して見たんですが、(青山氏のブログの書き込みにもありましたが、)氏と加戸元県知事とのやり取りは、本当に映画を見ているようでした。一点の曇りもない、至誠のやり取りだったと思いますよ。

 でも、それは翌日(今日)のテレビには、笑ってしまうくらい見事に、全く流されませんでした。勿論、加戸氏の言った「ユーチューブだけが本当のことを伝えてくれるだろう」との言葉も。
 それでも今日、「バイキング」では寺脇氏ももごもご言ってるだけでしたけど。「ひるおび」は予想通り。サンデーモーニングか、と見紛うばかり。

No title

新聞に青山議員の名前が載っていなくて
びっくりしました。

本当に物凄いものがありますよね。
どう見ても前川さんは真っ黒いのにね。

No title

前川事務次官は、懲戒免職にしておけば良かったと思います。
そうすればマスコミが幾ら印象操作をしようとしても、傍から見れば逆恨みとしか見えない筈ですから。情けが仇になりましたね。

No title

あんなに悪くて口だけが達者ですからねぇ。

こういう人が国を動かしていたと思うと
嘆かわしい限りです。

日教組とつるんでいたということで
いかがわしい性教育の原因も
こんなところにあったのかもしれません。

あたしゃ、学校の参観日でひっくり返ったよ。
文部省がブレーキかけなかった証拠ですよね。

プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
楽仙堂のネトウヨ的ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR