貧乏な自衛隊と暗躍する財務省



今週の青さんです。

昨日は聴くのをサボったので
今日聴いています。

日本の国会にもマスゴミにも
中国の工作員が暗躍していて
倒閣運動していますが、
石破議員も安倍ちゃんを倒せば漁夫の利で
首相になれるかもしれないと
動いてました。

石破さんの後ろには財務省がついていて
増税を目ろんでおります。
財務省は多くの議員の元へ行き
「××の会館は傷んでいるんですってねぇ」とか
ささやきまくっているので
議員は予算をもらえる可能性を考えて
財務省には逆らえないでいるのです。

予算を握る財務省はとてつもない権力を持っています。
安倍ちゃんを倒せば増税・・・とばかりに
財務省も暗躍中です。

さて、一方自衛隊は予算がありません。
大半は人件費で装備なんか時代遅れです。

一方、中国の戦闘人工衛星がもうすぐ打ち上ろうとしているのです。

文字おこしはいつもの「ぼやきくっくり」さん

(4)防衛大綱見直し必要 安倍首相「不断の検討を」

《 この広島での記者会見の中身は非常に評価できる。
 ただ安全保障の専門家の端くれとして、20年前後ずっと特に防衛省、自衛隊内部に言ってきたのは、装備が弱ってると。
 正面装備という言葉があって、たとえば戦車とか、日本では護衛艦と言ってる軍艦。
 一番主な装備を正面装備と言ってる。
 日本の潜水艦も含めて、すごいという話を僕は言ってるが、実は防衛予算が極端に少ないこともあって…。
 予算5兆円ぐらいのうち大半は人件費。
 そのあとは付け払い。後年度負担。
 柔軟に使える予算はものすごく少ない。
 今の正面装備も、つまり昔買ったやつのローンを払ってるばかりから、
世界の動きに本当はついていってない。》


とても戦争をしかけられても
抵抗する力なんかありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
楽仙堂のネトウヨ的ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR