檻の中の光

P1000444 - コピー

〈というか、我が家のハウスの骨の中に
太陽が昇ったところでございます〉

先ほど「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」を
聴いておりました。

文化大革命の紅衛兵がやがて田舎に追いやられて
10年間放置されて、線路の上で寝たという話をしていました。
上山下郷運動により失われた世代があるそうです。

紅衛兵は煽られて多くの人民を殺した世代なので
ボロボロになって田舎の片隅で無能なまま死んでいっても
同情はいたしませんが
共産主義というものの恐ろしさが分るという物です。

というか、これは中国の伝統的な歴史なのかもしれません。

何が正しいのか分からずに・・・もしくは
時流に逆らえば殺されるという状況に陥らずに済んでいる国に
住む者は幸せなのかもしれません。

それと同時に突き進む己の正義を疑うことも必要であろうという
その証拠のような話です。

とあるブログで安倍万能説が書かれていました。
安倍ちゃんとCIAが北朝鮮をコントロールして
武器を買えばアメリカが潤うとかなんとか書いてありまして
中国というファクターがすっぽりと抜けておりました。

この手の陰謀論では中国共産党が抜けるのが
ミソです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

20世紀の人口爆発の認識

.>>何が正しいのか分からずに・・・もしくは時流に逆らえば殺されるという状況に陥らずに済んでいる国に住む者は幸せなのかもしれません。
 私が疑問に思っている事に、何故儒教を国の教えに置いた国には、正義が無いのだろう。と云うのが有ります。 シナは、中国4千年の歴史だとか、漢民族が97.5%を占めるだの、嘘八百を並べ立てるのですが、民衆がそれに文句を言ったりしていません。 と云うか、居ても、社会で圧殺されて終うのでしょうね。

 で、現実はどうなのかと云えば、10㎞離れたら、話言葉が通じないとか、通じるのは文字だけなのに、その文字を読める教育を受けていない人が大勢いる、子供を商売のネタにする大人が大勢いるが、周りは、ン¥見て看ぬふりをしている・・ 丸で、法律は無効のような状況。信じられるのは、政府関係に顔が利く人、つまり、権力を背景に着けたモノでなければ、例えば、窃盗や詐欺レベルの触法行為もマトモに取り締まれない社会なのです。

 其れで、法治社会ではなく人知社会だと云われているのですね。

 それでも、そう云う特権階級の人が一億人近くいて、都市圏で社会の上層部で暮らしていて、日本に「爆買い」などにやってくるので、「シナは、案外金持ちだ~大事なお客さんだ」、と、評価が変って居るのですが、中には貧農出身の農工が職を失くしてた為に、日本に出稼ぎに来て、姿をくらましている例が数千人いるそうな、東京周辺や大阪圏界隈には、斯うした違法滞在者が幾らでもいるそうだ。

 既に人口侵略が始まって居ると看るべきですが、マスコミは是をさっぱり放送し、警鐘を鳴らさないのは、伝える側に危機感すらない、と言う事かもしれない。。

 シナには今でも公称13億人、実数15億人は居るだろう、そして、民族も、実は数百を数え、中央政府が放置すれば、昔の混乱時代、五胡十六国や司馬晋から趙宋に至るまでの時代(南北、五代・・)の様になるだろうと云う人もいる。 正に嘘だらけ、然し、江でもしないと、国が纏まらないのでしょう。 既にシナ人が文明人である要素は、蒙古の元に趙宋が滅ぼされた時に終わって居ると考えるべきです。

 人口が劇的に増えたのは、大きな戦乱が長く続いたからだと考えられています。 其れは、地球全体でも20世紀が戦争の世紀で、第一次世界大戦で、千万人単位に届く程度、二次大戦では、一桁上がって億人単位の人が死んでいる為に、地球の人口は、世紀初頭15億人だったのに、100年後の世紀末にはその4倍半強の70億人になりました。 こうなると人口爆発という他はありません。

 爆発した人口は、幾ら止めようとしても、民衆の生存本能に従い、周辺国を人口侵略するでしょう、そして、その民族の社会性をその地で展開する事に成るでしょうが、其れをやられると、その地の全てのその国らしさが消えて終い、従い、文化も宗教も、ついには、文字や言語さえ消えてしまうのです。 

 この先、シナとインドの人口が10億を超す国が、世界の運命を握って居ると考えるべきでしょうが、シナは既に、少子化政策を実施した結果、若年の生産人口が激減して、新たな社会の不安要素となって居ます。 21世紀の人類が抱える問題として真摯に向き合うべきだと私は思います。

No title

地球上で唯一残る共産国家、中国。

・・・・・・・・・・ま、北朝鮮は・・・・このカテゴリーに入らんでしょ w


脅威とする対象であるのは間違いないところですが、

逆に、この十数億の民を、これ以外の社会体制でまとめ上げ

機能させることができるのかどうかってのが、

ボクの永遠のテーマのひとつです。


・・・・・・・・・・・困りますよねぇ・・・・・・・・・・・・・・

ロシアみたく、西側なのか、東側なのか、

資本主義なのか、社会主義なのか、独裁主義なのか・・・・・

そもそも、

あんなに、自己中の人間が、世界を右往左往されたら・・・・・ねぇ


もっと逆説的に考えるならば、

社会主義、共産主義っていう究極の対極があるから、

資本主義とか、人道主義とかの一方の繁栄があるんじゃないかって

・・・・・・ずいぶん昔から思っておりました。

そういう意味では、完全になくなると新しい争いが生じるような・・・・ね。


ONE for AII っていうのは、ある意味『赤い勢力』の言葉で、

それに『青い勢力』が、AII for ONEを足して、善玉気取りみたいなw


ただね、

この国が青い側の国であることに感謝しますよ。

こっち側にも生まれた星の下っていう宿命があるにしても、

限度ってモンがあります。

少なくとも、努力をすれば浮かばれる環境ではあります、

・・・・赤い国々と比較したらね w


もっと問題なのは、

青い国の中の日本ていう、そりゃあ、ありがたい環境で

大きな恩恵が与わっているのにもかかわらず、

赤い国々に理想を求め、それを美化し、

または、報道しない自由をフル稼働してまで、

失ってはいけない日本を貶める連中ってのは、

・・・・・・なんなんですかねぇ、いったい・・・・・・・・w



話はそれましたが、

ボクにとっての共産主義ってのは、

『地球を蝕む中国十数億の民を封じ込める唯一の体制』

・・・・・・とも思ってるんですw

出てきたら叩く。
引っ込んだら、深追いしない。
場合によったら、敵基地攻撃。

でっかい図体した『赤ン坊』を
生かさず、殺さずするのは並大抵の苦労じゃないんですよ、マジ。


ただね、甘やかす時期はとうに過ぎてることを、

我々国民が自覚し、学習する時代になってきたんだと思います。

No title

たぶん共産党という名前は
やりたい放題やるための看板のようなものです。

論語は相手を叩きのめす毛沢東語録です。
というのは台湾の白色革命もそっくりだからです。

しかし、中国大陸の15億の民は
よくぞ、ここまで増えちゃいましたねぇ。

ちょっと前まで4億の民だった気が・・・。

シナVS米国 文化度の戦い

>せいちゃん
  今や、主義主張に基づいて国の政体を決める、と言う手法では、誤魔化せなくなって居る、と言う事だと思います。 結局の処、政体や思想に定型のモデルがった処で、国や民族に拠って、順応の仕方がそも違うし、その社会が持って居る大きな問題点を解決する為にはちっともなって居ない場合が多いのです。 ダカラ、自然に政体は、形骸化し、現実の人々の生存の為の活動や欲望に拠って、ゆがめられて、本質は何時か忘れ去られて終うのです。
 従って、
>>共産主義ってのは、『地球を蝕む中国十数億の民を封じ込める唯一の・・
 と言うのは蓋し正しいご意見だと思いますね。

>楽さん
>>やりたい放題やるための看板
現在、シナで横行している政体をストレートに表現すればそうなりますね。 然し、シナのバブルは既に弾けたので、特に資源を売って儲けて居た資源国を中心とした不況が、世界経済を著しく貶めると予測されていましたが、それは、2016年だけの話の様でシナ経済も明るさを取り戻しているそうな。

 其処へ朝鮮が米国を脅しに懸ると言う予想もつかない話になって、米国は実際の話、何もできない巨人になりつつあります。

 マァ結局核兵器は共滅兵器であると言う事は、米露中とも良く分って居るのでしょう、ダカラ撃てない。撃てない鉄砲など、唯の鉄パイプにしか過ぎませんから、朝鮮の刈り上げ君は、どこぞのチンピラの様な風で、兵器を使いこなせない商売人の大統領を弄んでいるでしょう。

 トランプはその為に、スタッフに軍人を多く登用しましたが、軍人程平和主義の人は、いないと言うのが歴史の結論です。

 あの東条だって陛下の大御心を考えて、最後まで開戦を自分から言いだした事はなかったのです。 ですから、ハルノートは、内容から言って、実質の宣戦布告だったと考えるべきです、戦争をしたがっていたのは、明らかにFDルーズベルトであった、と、やっとこの頃公開禁止が解けたレポーとの中で、フーバー元大統領が書いて居ます。

 歴史に学ぶ習慣の無い国なので、仕方がないと言えば仕方がありませんが、これで、民度が世界一??あり得ませんね。

 結局の処、どの様な政体を採ろうが、後世の歴史的な評価は、一体何を遺したか、に拠って決められるのでしょう。 処が歴史の浅い米国には、」そう言う価値観は存在しない様です。 嘘吐きシナにも、勿論ありませんが、彼らは、歴史は後で繕うものと考えて居るフシがありますから、100年経ったら、米国は極悪の国と言う事にされて居るかもしれませんね(嗤)

中国は滅びない

ソロさん

水間さんの話によると
中国は滅びないんだそうです。
で、考えてみたら滅びないんです。

どんなに経済が悪化しようとも
人民が反逆しようとも
文化大革命的な手法をとると滅びません。

逆らえば戦車で轢き殺して
恐怖を植え付ければいいんですから
人民解放軍を掌握しているかぎり滅ばないんです。

プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
楽仙堂のネトウヨ的ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR