筋交い

P1000484.jpg

とある会が崩れそうになった時に
踏ん張って支えた人がいます。

影の薄い人ではありましたが
笑いながら対応しておりました。
ようやく世の中の潮目が変わり
会が注目されるようになった時に
身を引いて引退しました。

いえいえ、引退というわけでもなく
自転車事故で長期入院を余儀なくされたのです。

建物は筋交いというものが何本か入っていることが
強度に関わることであるならば
筋交いになろうという人がいることが
世の中の強さになるのでしょう。

見えない場所にいくつもの筋交いがあって
この世界の強さが成り立つのならば
見えない筋交い達に感謝しなければいけません。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

崩れそうになった堤防に文句を言うのではなく
ただ、小石を一つ二つと詰めていく。
そういう人達によって世界はなりたっていくのです。


この色付き部分のセリフは武田鉄矢のラジオで聴きました。
最近はしょっちゅう「今朝の三枚おろし」を聴いています。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さらば、国士谷垣さん

 ガッキー事、谷垣禎一さんですね。 良く、ハニートラップに懸ったハ二ガキなんて揶揄っていましたが、その頃は、国賊加藤紘一の腹心の友として、敵視して居ましたからね。 でも、自民党が野に下って誰もやりたがらないであろう総裁を引き受け、民主政権下で、切歯扼腕する事も多々あった筈ですが、やっと、民主党政権を解散させて、差ぁこれから、と言う時に、石原伸晃如きに裏切られて、総裁選にも出られなかった。

 そして伸晃は、都知事選敗北と共にその命運を終えた。 モゥ首相の目はない。 ガッキーのステディな政治力は、石破などより何枚も上に見えたので、ポスト安倍の目も十分あったと思う。 20世なら1期、4年位やっても良かったと思うが、現状の首相が熟して居るスケジュールは、とても、常人では熟せない、と思う。

 それに安倍さんは、07年に首相を辞めた時から直ぐ、チームを編成し、一時政権の反省をしたと思う、つまり、5~6年間の準備期間を持てたと言う事だ。 今のガッキーの健康状態から言えば、それは酷な話になる、引退の選択が賢明なのかもしれない。 何時もここぞと言う時に、邪魔が入って終う、持ち運なのでしょうか。

 但し、彼の事ダカラ、自分の為ではなく、国や国民に迷惑がかかると判断したからの事だろう。 野党の誰かさんとは、偉い違いですね。

No title

ソロさん

ガッキ―は一生懸命にやったのでしょうが
何か足を引っ張るような運命があったんでしょうね。

Wikiを見て、そういうこともあるのかなと
思ってしまいました。

人生は色々とありすぎますね。
プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
楽仙堂のネトウヨ的ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR