中国対アメリカ



中国皇帝になった習近平ですが
何度目かの暗殺未遂が起ったようです。

さて、虎ノ門ニュースの藤井厳喜氏の話や
宮崎正弘氏の話によると
トランプ政権は国務省のパンダハガーを切って
対中政策に乗り出したようです。

さて、動画の後半では中国経済がおかしくなり
銀行間のお金のやり取りが資金ショートした話です。

中国はアメリカで資産を爆買いしていたのですが
バンクオブアメリカが資金を止めてしまいました。
企業成績が悪い銀行やら保険は国営化されることになります。

中国企業がドイツを飲み込む?自動車大手、「ベンツ」擁するダイムラーの筆頭株主に
《加えて、アメリカは金融業界も方針を大きく変更した。現在、HNAグループが資金繰りに困っているのも、昨年7月にアメリカの大手金融機関が「『顧客確認(KYC)』委員会の承認を得られないこと」を理由に同グループの買収案件への助言や融資を停止したことが主な要因だ。同時期に、バンク・オブ・アメリカは投資銀行に対してHNAグループとの取引停止を指示した。》



中国の工商銀行はマネーロンダリングの対応が出来ていないとして
FRBが意見を出しましたが
中国の4大銀行に意見を言い始めていて
ドルを出さない可能性も出てきました。

中国からドルが逃げる!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中国を利用していたのはグローバル主義者ですが、中国の本質は中華思想による世界支配です。今の中国外しの流れはトランプだけでなく、グローバル主義者も「こりゃとても利用できない」と気が付いたからのようです。
ドイツは貿易依存度が68%と韓国以上です。理由は「国は借金無しで足りない金は外貨で」の財政均衡主義だからででしょう。そのためかドイツ銀行は破綻寸前。そのくせ一部の金持ちが富の大半を握るという歪な国になっています。
ドイツのグローバル主義者つまり共産主義者ですが、彼等がドイツを中国依存の国にしたのでしょう。彼等にとってドイツが可笑しくなっても、それは資本主義の失敗ですから、どちらでも良いのでしょう。

No title

崗上虜囚さん

ドイツの上層部は本体が駄目になっても
逃げ出すという腹づもりってことです・・・・よね?

それは本質的には銭ゲバということでしょうかね。

朝鮮に次ぐシナの暴走、ドイツはどうする

>>ドイツの貿易依存度は68%
  そりゃあダメでしょうね。 ドイツは性懲りも無く同じ過ちを繰り返して、亦、欧州大戦を起したいんですかね。 出汁にされているEU加盟国から不満が上がって来ても当然なのに、それが表立って居ないのは何故でしょう、グローバリストがマスコミを抑えて居るか、それとも、文句を言えるほどの工業生産力が既に無く、輸入を止められると、悲惨な現実が待って居るって、事なのでしょうか。

 その上で、ドイツ銀行はシナに入れあげて、つい先日迄300兆円もの貸付金が焦げ付いて、ドイツ銀行も共倒れだと騒いでいたんですが、あれは「解消」したのでは無く、「一時回避」したに過ぎなかったワケですね。

 人民元がドルペックだったから、シナ経済は此処までこれたのに、肝心の米国政権を怒らせて、米朝戦争の陰で、米中貿易戦争が起こって居ますが、シナ側の独裁体制の強化と米国側の対シナ強硬派へのシフト人事は、このママ、本当の戦争に進展するかもしれないと言う、状況になって来ました。 当事国でもある日本に取っては、危うい話ですね。

 処で、習近平は此の度、「在外華人で、その国の国籍を取得して居るものの原籍を抹消する」つまり、「二重国籍を禁止する」旨、通達しました。

 是は勿論、シナ独特の、「事後法の適用」もありの話ですから、あちこちの国で、大混乱になっているのではないかと推察します。 つまりは、12/13億人居る、「一日を1ドル以下で暮らして居る貧民層」の裡、海外出稼ぎ者で「帰って来る資力が無いモノは、その国の国民になれ」と言う一種の棄民政策、相手国にとっては「人口侵略」を固された様なモノだと。思います。 

 是は、少子化政策を20年以上も続けた結果、現在~今後20年位の「生産年齢層」の減少で。生じるであろう、重い年金負担を軽減する意味もあると思いますね。 何処までも自分勝手ではた迷惑な国です。

No title

ソロさん

時代が少しずつ動いていますね。
雪崩が起る手前の状態なのかもしれません。
プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
リンクフリー
勝手にコピペしていってOKです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR