試される大地




北海道のキャッチフレーズは
少し前までは「試される大地」だったんですけれども
試され過ぎだと思います。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、FC2ブログにアクセス解析を付きましたら・・・・
あまりのお客様の少なさにガックリしました。

Hatenaブログの時は最盛期には400人くらい来ていたのになぁ。

と、こんなことしていたら・・・・・数字の奴隷になってしまうので
あんまり深くは考えないことにします。
〈でも、考えちゃうんですけれどもね〉

昔は希少価値のあった情報も
今ではどこにでもある情報になってしまいましたので
需要が無くなってしまったのだろうと思っています。

そして、本当に大事なことは「正しい歴史認識」のcoffeeさんのところの
大手のコメント欄に貼ってきますので問題はないんですけれども
でも、ツィッターのリンクは貼り方がわからないのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大東亜共栄圏の妄想が日本を亡ぼす

>楽さん
>>シナ資本に買われた北海道の現状
 否亦是は、衝撃的な写真ですね。然し、是だけの量の木材をどうして、此処まで運んで集積したのか、非常に興味が湧きますね。 斯う言う材木は、チップ船と言う紙の原料になる、木材(ログ、チンバー)を現地でズチョップ状にして、運び易くしてからは、材木運搬船なんて、日本では、見掛けなくなっていたんですがね。 是だけの量なら、D/W(載貨重量)3,5万㌧のハンディ・バルカー10隻近くで2,3年は懸るでしょうね。

それで、この大量のログを一体何に使うつもりなのか、家を建てるにしても、シナ人の家は、原則石造りの筈ですから・・と考えて行く裡に、逆に、此の木材は、北海道で切った木材なのではないのか、と考えると色々腑に落ちる事に気付きました。 歴史的にシナ人と禿山は、セットの様なものですしね。 そうすると、その裡北海道も禿山だらけになって、北海道中の森が喪失して、熊も、鹿も狐さえも棲めなくなる可能性も出てきますね。

 斯う言う領土侵略を許して居る元凶は、「シナの人民にも近代的な生活を与えてやりたい」とかいう、シナ人の本性を無視した、アホな日本人の所為でしょう。 大東亜共存圏なんて、アジア人種が一つに纏まれる事自体、絶対に無理な話を飛ばして居る、明治の妄想家達の罪業は大きいと思いますね。

No title

仲間が沖縄に良くいきますが、こりゃ駄目だ状態みたいです。対馬も同じでしょう。現行法だけでも対応出来ると言われていますが、自民党も政府も動きません。

No title

北海道の上層部は
一時的にお金が入ればOKなので
中国の観光客を大勢受け入れています。

中国人だらけなので怪しいのかどうかも
分かりません。

それで、油断していたらこの始末です。
ああ、情けない。
プロフィール

楽仙堂

Author:楽仙堂
リンクフリー
勝手にコピペしていってOKです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR